二世帯住宅の間取りのポイント

二世帯住宅 間取り 56坪

参考の間取りは56坪の玄関共有で上下階で分離した二世帯住宅です。

二世帯住宅の間取り作成の時にはポイントがあります。

まずひとつは規模、大きさによるということです。
40坪の二世帯住宅と50坪の二世帯住の間取りでは出来ることが違うということです。

40坪の二世帯住宅はコストパフォーマンスが求められます。
二つの家族がいっしょに住みながら、建築コストも通常の家の大きさ並みということ

個室は最低限確保できるものの、玄関やお風呂リビングダイニングなどは
共有して住んで聞くというスタイルになってきます。

50坪ぐらいの規模になると、玄関を共有しながら
親世帯が1階、子供世帯が2階など、上下階で居住スペースを
分けていくことが可能になってきます。

リビングダイニングや洗面脱衣、お風呂も別々になるので
生活スタイルや時間帯が異なっても別なのでストレスが軽減されます。

別々だけど、近くに親や子供がいるという安心感を実現しています。

上下階で分離していく間取りのポイントですが
リビングの上にはリビング、水周りの上には水周り
個室の上には個室を載せたほうが合理的で
設備配管や音の問題なども軽減することができます。

60坪ぐらいになると玄関も別にした
完全分離型の二世帯住宅が可能になります。



二世帯住宅のブログが集結

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

カテゴリー: 二世帯住宅 玄関共有,二世帯住宅 間取り プラン 50坪,間取り 56坪 | Tags: , ,

完全分離型二世帯住宅の間取り

二世帯住宅間取り集

 

二世帯住宅には完全分離型で上下階で住み分けたり、
玄関ホールのみ共有するタイプもあります。

生活の時間帯が違うためお風呂やリビング、
ダイニングキッチンを世帯で分ける考え方です。

建築規模によって決まりますが、
玄関、バストイレ、キッチンを共有するプランも多く見られます。

エレベーターのある住宅で3階建てプランの二世帯住宅もあり、
快適に親世帯と子供世帯を分離する間取りは
狭い敷地でも施工可能になっています。

完全分離型の二世帯住宅でなくても
40坪と少しの大きさで十分二世帯で住める間取りになります。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。年間1000件の間取り作成を行う。

カテゴリー

間取り集

PVアクセスランキング にほんブログ村