完全分離で暮らす二世帯住宅の間取り

参考の間取りは完全分離の二世帯住宅で
三階建ての間取りになります。

1階は親世帯で2階と3階が子供世帯で
玄関、洗面、バストイレ、リビング個室が別々になります。

玄関は1階と2階にあり2階玄関へは外階段を上がります。

今回の敷地の場合は道路が北西の想定で
周りは住宅に囲まれているため
土地の南の一角を庭にしてあける間取りにしています。

L字型の三階建ての間取りにすることで
南から和室やリビング、各個室へと光を入れるようにしています。

高齢者はどうしても家にいることが多いため
庭を見ながら暮らすと言うことができることと
1階に住んでも雷雨という想定をしています。

全体の大きさも47坪とあまり大きくなりすぎず
コスト負担が2件分まで行かない広さに抑えました。

完全分離の二世帯住宅の間取りでなければ
内部階段にして、洋室、洗面脱衣室を共有することで
コストをさらに抑えた間取りにすることが可能になります。

同じ敷地にいながら完全に別の世帯として暮らすために
玄関も別の入り口にしてわずらわしさを排除しています。

何かあったときの不安を取り除いたり
近くにいて目が届く関係にあるというだけでも安心感はあるでしょう。



二世帯住宅のブログが集結

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

カテゴリー: 二世帯住宅 間取り 完全分離 | Tags: , ,

完全分離型二世帯住宅の間取り

二世帯住宅間取り集

 

二世帯住宅には完全分離型で上下階で住み分けたり、
玄関ホールのみ共有するタイプもあります。

生活の時間帯が違うためお風呂やリビング、
ダイニングキッチンを世帯で分ける考え方です。

建築規模によって決まりますが、
玄関、バストイレ、キッチンを共有するプランも多く見られます。

エレベーターのある住宅で3階建てプランの二世帯住宅もあり、
快適に親世帯と子供世帯を分離する間取りは
狭い敷地でも施工可能になっています。

完全分離型の二世帯住宅でなくても
40坪と少しの大きさで十分二世帯で住める間取りになります。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。年間1000件の間取り作成を行う。

カテゴリー

間取り集

PVアクセスランキング にほんブログ村