70坪三階建て二世帯住宅の間取り

参考のプランは三階建ての二世帯住宅の間取りです。

三階建ては敷地の有効活用をしながら敷地に最大に
住宅のプランを作ることができます。

1階に親世帯、2階3階に子供世帯にすることで
上下階で生活を分離しながら住むことも可能になります。

親世帯と子供世帯はそれぞれにリビングダイニングキッチン
バス、洗面、トイレなどのすぺて分離して
生活のリズムが違う家庭をのトラブルがない状態を作ります。

1階の親世帯は8畳の寝室とウォークインクロゼット
18畳の対面キッチン付きのリビングダイニング
和室6畳は独立したタイプで玄関からも近く
客間として利用することも可能リビングにオープンもできます。
全室南向きなので明るい部屋になります。

2階のリビングは22畳と大きめのスペース
キッチン脇には2畳の大きなパントリー
洗面とキッチンから3畳のファミリークロゼットが利用可能。

リビング続きで和室の6畳があって茶の間として利用。
ゲストルーム6畳が東側にあります。
来客時に使う部屋ですが趣味の部屋や家事室にも出来ます。

3階は個室、洋室6畳が3部屋と書斎
メインベッドルームは10畳と広くウォークインクロゼットも4畳
収納量を豊富に確保しています。

3階建ての二世帯住宅の間取りは敷地に大きなスペースを作り出します。



二世帯住宅のブログが集結

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

カテゴリー: 3階建て二世帯住宅,間取り シュミレーション | Tags: , ,

完全分離型二世帯住宅の間取り

二世帯住宅間取り集

 

二世帯住宅には完全分離型で上下階で住み分けたり、
玄関ホールのみ共有するタイプもあります。

生活の時間帯が違うためお風呂やリビング、
ダイニングキッチンを世帯で分ける考え方です。

建築規模によって決まりますが、
玄関、バストイレ、キッチンを共有するプランも多く見られます。

エレベーターのある住宅で3階建てプランの二世帯住宅もあり、
快適に親世帯と子供世帯を分離する間取りは
狭い敷地でも施工可能になっています。

完全分離型の二世帯住宅でなくても
40坪と少しの大きさで十分二世帯で住める間取りになります。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。年間1000件の間取り作成を行う。

カテゴリー

間取り集

PVアクセスランキング にほんブログ村