中間で家族がつながる二世帯住宅の間取り図

今回紹介していくのは54坪のセカンドリビングのある二世帯住宅の間取りです。

間取りは上下階で親世帯と子供世帯に分けて、
浴室洗面室リビングダイニングキッチンを別々にして
玄関だけ共有すると痛スタイルです。

完全に分離するのではなくてセカンドリビングを設けて
親世帯と子供声帯が触れ合えるの中間領域を作っています。

2階のリビング1階のリビングと間にセカンドリビングがあると
真ん中でどちらも使えます。

間取りは中央にセカンドリビングが1階の真ん中に配置されています。

玄関ホール入って階段の手前で
子供世帯の二階に上がる階段の手前に8畳ぐらいのスペースがあります。

こちらはソファーが置いてありますけれど
もテーブルでもいいし何も置かなくてもいいと思います。

家族の使い勝手で自由にしてもらっていいと思います。

セカンドリビングは洗面脱衣室に行く途中にあり
ホテルで言うとこの辺に休憩所スペース、
あのお風呂から出て休憩する場所の雰囲気になります。

人との繋がりも出てくるんじゃないかなと思います。

1階の南西側にはリビングダイニングキッチンがあって
東側の方に6畳と5畳の部屋が3部屋あります。

東向き南向きの部屋で明るくて快適なことになっています。

実際に3部屋いらなければ2室にして広くしてもいいと思います。

寝室ともう一つゲストルームになるというような感じになるので
趣味の部屋に使ってもいいです。

若干部屋数が多い感じになってますね。

階段を上って2階に行くと1階とも同じようなLDK が配置されていて
キッチンは対面式で脱衣室と浴室が近くにあります。

洗面室だけちょっと別に配置されてますので
浴室使用時でも使うことができます。

2階の洋室は寝室8畳にウォークインクローゼット
子供部屋の想定の洋室が2つあります。

一部屋は南のバルコニー向きで、一部屋は東向きににあります。

上下階で住み分ける玄関共有の二世帯住宅の間取り図

今回紹介するのは五十坪の上下階で住み分ける二世帯住宅の間取りです。

1階の方には親世帯、2階の方には子供せたいといった感じで
上下に住み分けていきます。

玄関は共有になります。

玄関ホールに入るとカウンター式の下足箱があります。

土間収納が玄関の土間から入るような形になっています。

玄関から入るとすぐのところに洗面室の横にトイレがあります。

玄関ホールのそばに階段があるので玄関ホールが広く感じます。

脱衣室、浴室、葉2畳の広さで収納付きです。

南の方には和室6畳押入れと洋室6畳クローゼット付きがあります。

リビングダイニングキッチンは18畳で広く、キッチンは対面式になっています。
勝手口は東側についています。

南に大きな窓が開いていて庭に出ることができます。

各部屋は全部南向きの明るい間取りになります。

キッチンの前にダイニングがありますけれども
6人掛けのテーブルが置ける広々とした大きさでリビング部分もゆったりとしています。

階段を上って2階に行くと2階の方にも洗面脱衣室と浴室があります。

南側庭5畳の洋室、東6畳の洋室、西向きの5畳の部屋もあります。

洋室5畳は子供部屋の想定で各部屋に1畳のクローゼットがあります。

物入れが隙あらば設けられて収納を増やそうというような形で付けられています。

リビングダイニングキッチンは1階と同じ大きさの18畳で対面式で
背面の収納も広く収納量も多くなっています。

リビングからバルコニーに出れるような形になります。

六畳は夫婦の寝室の想定になります。

玄関を共有してリビングダイニングキッチンと洗面・浴室・トイレは
1階2階で別々に使うと言った二世帯住宅のプランです。

述べ床面積的には50坪ぐらいに抑えられて二階建てに抑えられています。

家を2軒建てるというよりは50坪に押さえておけばコストも
こちらのプランの方が有利なのではないかなというところです。

特徴としては正方形に近い長方形で形もシンプルで
2階の屋根が簡単な形状でかけられるので雨漏りのリスクの少ない
整った形状の家になっていくと思います。

今回は上下階で住み分ける二世帯住宅の間取りの紹介でした。

無駄に大きくしないような形でしかも上下階で設備利用を分けると言った参考例です

親と将来同居できる二世帯住宅の間取り図

敷地の大きさ 南道路 9M×20M
建て物の規模 39坪 2階建て

必要な部屋:

1階

玄関ホール 土間収納
LDK 19畳
洋室(親世帯) 7畳
洗面脱衣室 2畳 浴室2畳
トイレ

2階

寝室 8畳 ウォークインクロゼット3畳
洋室 5~6畳 3部屋
トイレ

間取りの要望:

玄関・LD・水周り共有の二世帯住宅の間取り図

親と同居用に1階に7畳の寝室を作る。

キッチンは対面式でダイニングとリビングが見える。

ダイニングとリビングは同じ部屋だが
違う場所になるように計画する。

階段は独立階段だがリビングを通って2階へ上がる。

2階の洋室6畳は子供部屋に割り当てる。

1階と2階にトイレは2箇所作る

バルコニーテラスを広くつくる

家族構成:夫婦 子供3人 親世帯

二世帯住宅間取り 玄関バスルーム共有

敷地の大きさ: 西道路 11M×17M
建物の規模: 46坪 LDK 木造二階建て

必要な部屋:

1階

LDK 18畳程度 パントリー収納 2畳
洋室 8畳 ウォークインクロゼット 4畳
(親世帯ベッドルーム)
洗面室 脱衣室 浴室2畳
トイレ 1畳
玄関ホール シューズクローク
共用のクロゼット 3畳

2階

セカンドリビング 6畳程度
寝室 8畳 ウォークインクロゼット 3畳
洋室 6畳 ウォークインクロゼット 2畳
書斎 3畳
洗面室 トイレ

間取りの要望

玄関、LDK、バスルーム共有の二世帯住宅の間取り図
二階にセカンドリビングを作る。

1階に親世帯のベッドルームを作る(道路側入り口付近)
親世帯のウォークインクロゼット広くして
ものがたくさん入るようにする。

玄関にシューズクロークが欲しい(小さくてもよい)

キッチンにパントリー収納がほしい。

洗面脱衣室近くに共用のクロゼットを作る。

階段は独立階段で2階へ上がる。

寝室はバルコニーテラスへ出れるようにする。
バルコニーは物干し用で屋根付きにしたい。

2階にも洗面台が欲しい。

子供部屋もウォークインクロゼットにする。

家族構成: 親世帯夫婦 夫婦 子供2人

親と同居する住宅の間取り図。セカンドリビング

敷地の大きさ: 9M×21M 北道路
建物の規模: 42坪 2階建て 5LDK

必要な部屋:

1階

玄関ホール 2.5畳
土間収納 2.5畳
洋室 6畳 親の部屋 ウォークインクロゼット 3畳
LDK 18.5畳 
洗面室 2.5畳 浴室 2畳
トイレ 1畳

2階

寝室 8畳 クロゼット
洋室 5畳~6畳が3室
セカンドリビング 7.5畳
洗面室 トイレ

間取りの要望:

親世帯と同居の二世帯住居の間取り図

リビングと玄関と水周り共有

リビングダイニングは1階で2階にセカンドリビングがある。

玄関にシューズボックスと広い土間収納が欲しい。

親世帯の部屋には広めのウォークインクロゼット
(物が他の部屋よりも多い)

キッチンは対面式キッチンにして欲しい。

洗面脱衣とお風呂は1階に必ず配置する。

リビング階段で2階へあがる。

寝室は南のバルコニーに接して配置する。

セカンドリビングから各ベッドルームへ入る。

洗面は1階と2階に2箇所欲しい。

家族構成: 親世帯1人 夫婦 子供3人

平屋の二世帯住宅の間取り例

敷地の大きさ:北道路 15M×22M

建物の規模 44坪 

必要な部屋:

玄関ホール4畳程度
土間収納 1畳

親世帯リビング 13畳
親世帯 寝室 6畳 2室
納戸 3畳

リビングダイニングッキッチン18畳

寝室 8畳 ウォークインクロゼット 3畳
子供部屋 6畳 2室 各部屋にクロゼット

洗面室 脱衣室 浴室
トイレ 2箇所

間取りの要望:

平屋の二世帯住宅の間取り

水周り共有 玄関共有で
親世帯のリビングと寝室をエリア分けする。

LDKは共有だが親世帯のリビングにミニキッチンを付ける。

親世帯に近い場所に納戸を設ける。

親世帯の寝室は夫婦別々にする。

洗面室と脱衣室を分ける。

子供部屋はLDKを経由して出入りするようにする。

トイレは2箇所設けて混雑を避ける。

玄関とリビングの天井を屋根なりに高くする。
勾配天井

家族構成: 親世帯夫婦 子供世帯夫婦 子供2人

完全分離型二世帯住宅の間取り

二世帯住宅間取り集

 

二世帯住宅には完全分離型で上下階で住み分けたり、
玄関ホールのみ共有するタイプもあります。

生活の時間帯が違うためお風呂やリビング、
ダイニングキッチンを世帯で分ける考え方です。

建築規模によって決まりますが、
玄関、バストイレ、キッチンを共有するプランも多く見られます。

エレベーターのある住宅で3階建てプランの二世帯住宅もあり、
快適に親世帯と子供世帯を分離する間取りは
狭い敷地でも施工可能になっています。

完全分離型の二世帯住宅でなくても
40坪と少しの大きさで十分二世帯で住める間取りになります。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。年間1000件の間取り作成を行う。

カテゴリー

間取り集

PVアクセスランキング にほんブログ村