44坪完全分離の二世帯住宅の間取り図

今回は44坪の完全分離の二世帯住宅の間取りです。

完全分離と言ったのは玄関が二つあって
なおかつバスルームとか洗面室とかトイレ、キッチンが
親世帯と子供携帯届い別々にあるといったプランになります。

1階の大半の部分は親世帯で使うかになります。
そして一部分だけ、寝室だと玄関、トイレが子供世帯になっています。

2階が完全に子供世帯のエリアになります。

44坪という大きさなので一般的な住宅よりもちょっと広いぐらいの広さです。

完全分離ということですけれども一緒に住んでいるので
例えばまあマンションで隣に親と子供が別々に住んでるとかに近いイメージです。

1階には親世帯のリビングダイニングキッチンと寝室
そしてトイレと洗面脱衣お風呂があります。

その途中にファミリークローゼットがあって
ここにいろんなものをまとめていくという形になります。

洗面にも近くに寝室にも近くあと玄関からもう入っていけると
言ったファミリークローゼットが納戸みたいな役割をします。

子供世帯の玄関に入っていくと寝室があります。
そしてトイレがあります。

2階はとLDK を中心に各部屋に入ってきます。

それぞれの部屋にクローゼットがあり
キッチンは対面式になっていてカウンターのダイニングテーブルがあります。

リビング収納的は2.5畳でこちらになんでもいれるといった形ですね。

洗面と脱衣室は分かれており脱衣室の方とお風呂を使ります。

二階はトイレを使ってすぐ手を洗えます。

便利な対面式キッチンの方は方向的には一直線な元気してますけども
方向変えてリビングが見えるという方向に変えることもいいですね。

業動線も加工されています。
このプランの良い所というのは無駄に大きくないってことなんです。
父さんお母さんの協力を得ながら息子さんが建てるのあれば
引っ張っていく人の力は大変なエネルギーになってきます。

家族をまとめていくということで、本当に頭が下がる
ちゃんとした人が多いんですよね。

そういう人じゃないとまとめられないし
もうちょっと無理だと思いますね。

ちゃんとしてない人がやると良くないことしか起きないです。

費用はその家庭にそれぞれ条件もあるし
誰もが60坪の家を建築できるということではありません。

そうすると通常の大きさの住宅で44坪とか
普通の大きさで計画いくことも必要になってくるわけです。

二世帯で住むイメージをしましたけれども住む人は
実際のところは親子じゃなくても兄弟の場合もあります。

結婚して子供がいる家庭も少なくなってますから
兄弟とか親と娘さんとか親と娘二人などの家庭も多くなっています。

兄夫婦と弟が住む家とか家族が2つ住む場合もおおくなります。
その場合でも二世帯住宅の間取りが重宝します。

親兄弟と住む3階建ての二世帯住宅の間取り図

今回は三階建て二世帯住宅の間取りです。

3階建ての二世帯住宅で1階に親世帯、
2階3階に子供世帯で分けている間取りになります。

リビングと洗面脱衣室とお風呂トイレが子供世帯と親世帯で別々に取られています。

そして3階の方は子供世帯のベッドルームがまとまっている形になります。

1階の寝室の方は二人で寝る想定をしています。
もしくは一人で使ういう形になります。

親世帯のLDKは南側にあり明るくなります。

こちらの方は子供世帯の孫なども降りてきて
一緒にリビングでくつろぐということもあるかもしれません。

玄関ホールを入ると独立階段で子供世帯に上がっていく形になります。
3階まで登ることもできます。

玄関ホールの横にはカウンター式もしくは
天井までの収納スペースて物入れになっています。

洗面脱衣室は広めで3畳にして収納もあります。
LDK の方からも出入りできるという風にしてあります。

廊下に出ずに LDK からも出入りするように作っています。

トイレの方は横から引き戸で出入りできるようなタイプにしてあります。

キッチンは対面式でテーブルも6人掛けの大きなテーブルを置くこともできます。

寝室の方は引き戸を解放すると一体化して使うことができます。

2階の方には1階に近い形の部屋の位置になります。

3階には上り終わったところに部屋を通らずに出れる
広いバルコニーがあります。

テーブルを置くことができるぐらい広さで物干しに使ってもいいし
何か他のことをするのに使えるスペースになります。

3階には子供部屋の想定の部屋が二部屋あって廊下に物入れがあります。
3階にもトイレがあります。

寝室は広いバルコニーテラスに出れる8畳のスペースがあって
ウォークインクローゼットがあります。

親と子供は別々に暮らすことが多いのは、
生活している場所が離れていると言った理由があります。

同じエリアに住んでいても少し距離を置きながら住む方もいらっしゃると思います。

二世帯住宅っていうのがなくならない理由には
年齢とともに衰えて不安であるなどがあります。

面倒見ると言っても病気でなければ、
お互いに支えあって生きていくといった形になると思います。

核家族のイメージとしては子供が成長するまでの20年
例えば小学校ぐらいに家を購入して二十歳の時に一人暮らし出て行くまでの年数です。

2世帯になってくるともう一度住み始めておそらく
60歳0歳80歳と高齢になる形で20年一緒にいるという話になります。

戸建て住宅は子育ての時期を考えて家を考える方も多い思うのですけれども
むしろ現在では2世帯3世帯で兄弟で住むとことも多くなります。

家族で支えあって生きていくっていう生活のスタイルになってきます。

現在では結婚してですね家族を持つというのが主流とは言えなくなってきています。

2世帯住宅の住み方も兄弟とか親と兄弟で住むということも考えられます。

実際に結婚する子供を産むということではない家庭の方が多いわけですから
別々に今エリアを作りながら3階建ての住宅で敷地を有効利用して
親兄弟で住むといったことも考えられます。

一階のスペースが親世帯とは限らないわけです。

兄弟の長男はここにいて上の方は次男ということも考えられるわけです。
あるいは長女次女で住むことも考えられます。

二世帯住宅は親と子供、さらに兄弟ということも想定して
いろんな間取りのパターンが考えられるのだと思います。

今回は3階建ての二世帯、親か兄弟か特定していませんが
二世帯住宅の間取りを紹介しました。

部屋干し室のある玄関共有の二世帯住宅の間取り図

今回のプランは66坪の玄関共有の二世帯住宅の間取りです。

二世帯住宅で広いプランはなかなかないのですけれども
実際は依頼されたり建築されることがあるので
参考例として紹介していきます。

プランは1階に親世帯があり、2階3階に子供世帯の想定です。
玄関ホールは共有して一つの玄関から入っていくというプランになります。

玄関を共有してそして洗面脱衣の方は別でトイレも別々にするです。
LDK も別々になっているので親世帯と子供世帯の 生活は分離できます。

玄関から入って階段は独立階段で2階の方に上がります。

リビングダイニングキッチンは対面式で
ダイニングとリビングが見渡せるような間取りになります。

南と東の方には親世帯のベッドルームで洋室6畳と和室6畳があります。

こちらの和室は洋室に好みで変えてもいいかなといったところです。
各部屋にはクローゼットや押入れがあります。

一階には納戸が三畳に洗面室と脱衣室と浴室があります。
トイレは引き戸で入るようなタイプになります。

キッチン側からも出入りできるのでぐるぐる回遊できるというので
動線が短くショートカットできます。

2階の方に上がって行くとリビングとダイニングと
そしてリビングが別のスペースになってます。

階段を上ってすぐのところに広いリビングが入った感じになります。
そして学習コーナーも設けられています。

ダイニングは別になって12畳のスペースで
対面キッチンにパントリー収納を設けられて収納量が増えています。

そして洗面と脱衣室浴室は一階と同じ位置にあるので
水回りの音とかの問題もなくなります。

一階と同じように回遊して各部屋に行きやすい形で
ぐるぐる回る感じになります。

階段をまた登っていくと3階には寝室8畳とウォークインクロゼット
そして子供も6畳の部屋で各部屋にはクローゼットがあります。
3階にもトイレと洗面があるので混雑して使えなくなりません。

そしてサンルーム、部屋干しのスペースがあります。

雨の日などに干すスペースは共働きで部屋干しをしたままでかけたいとか
あとは花粉とかの対策ができます。

洗濯物が周囲に見えたくない方のために暖房乾燥をつけても
季節で乾きやすくなるので良いと思います。

寝室の前のバルコニーも広くなってます。

3階建ての間取りになるのでエレベーターとかをつけたいところですけど
今回は階段で上り下りするというようなプランになります。

完全分離の二世帯住宅の間取り図

敷地の大きさ: 東道路 12M×22M
建物の規模: 58坪 3LDK+3LDK
必要な部屋:

1階

LDK 22畳 
洋室 6畳 2室
和室 8畳 押入れ 2畳 床の間 1畳
脱衣室2畳 浴室2畳
トイレ 1畳 洗面 1畳
玄関ホール シューズクローク 1畳

2階

玄関ホール 3畳
LDK 18畳
洋室 6畳 クロゼット ×2室
洋室 6畳 ウォークインクロゼット2畳 物入れ1畳
洗面脱衣室2畳 浴室2畳 トイレ1畳

間取りの要望

親世帯と子供世帯を完全に分離する二世帯住宅の間取り

上下階で玄関とLDK、水周りを分ける。

1階のリビングは広く
和室がリビングに面して開放できるようにする。

床の間は仏間として使用する場合があるので
上の階は収納などにして踏まないようにする。

1階の洗面室は脱衣しおつと分ける。

トイレは引き戸で横から入るタイプにする。

キッチンは上下階とも対面式キッチンにする。

二階のバルコニーテラスは広く奥行きのあるものにする。

家族構成: 親世帯夫婦 子供夫婦 子供2人

玄関共有6ldkの二世帯住宅の間取り図

敷地の大きさ: 南道路 12M×19M
建物の規模: 49坪 6LDK 木造2階建て

必要な部屋:

1階

LDK 20畳 
洋室 6畳 ウォークインクロゼット 2畳 ×2室
洗面室1.5畳 脱衣室2畳 浴室2畳
トイレ 1畳
玄関ホール シューズクローク
土間収納2畳

2階

寝室 8畳 ウォークインクロゼット 4畳
洋室 6畳+クロゼット ×3室
洗面室 1畳 トイレ1畳
納戸 4畳
物干し室 2畳

間取りの要望:

玄関とリビングダイニングキッチン
バストイレの共有の二世帯住宅の間取り図。

1階は東側に親世帯の寝室を2室配置する。
親世帯の収納は各部屋にウォークインクロゼット

洗面室と脱衣室は分けて計画する。

階段は独立階段にする。

ダイニングは全員で座れるテーブルが置ける広さにする。

2階に部屋干しのできる物干し室を作る。

寝室には広いウォークインクロゼットを作る。

二階にも洗面スペースを作る。
広い納戸スペースや収納を設ける。

子供部屋は完全な個室にして均等にする。

寝室はバルコニーテラスに面する。

家族構成: 親世帯夫婦 夫婦 子供3人

中庭のある二世帯住宅の間取り図

敷地の大きさ:15M×12M 南道路
建物の規模:47坪

必要な部屋:

1階

玄関ホール 3畳
階段室 3畳

親世帯 LDK 18畳 パントリー収納 2畳
洗面室 2畳 脱衣室 2畳 浴室 2畳 トイレ1畳

洋室 6畳 2室 ウォークインクロゼット 3畳

2階

LDK 16.5畳

洋室 6畳 ウォークインクロゼット
洋室 4.5畳
洋室 5畳

洗面室 脱衣室2畳 トイレ1畳 浴室 2畳
階段室

バルコニーテラス 物干し

間取りの要望

外から見えない中庭が欲しい
目隠し壁でプライバシーを確保

1階と2階で住みわける二世帯住宅の間取り図
玄関共有でリビングダイニング・洗面脱衣室・浴室は別

東側にベッドルームを配置する。
LDKは南の中庭から光を入れる。

共用のバルコニーテラスで物干し

脱衣室には暖房乾燥機を入れる

洗面室と脱衣室は別にする。

キッチンは対面式にする。

親世帯のベッドルームは2室

家族構成:親世帯夫婦 子供世帯夫婦 子供2人

完全分離型二世帯住宅の間取り

二世帯住宅間取り集

 

二世帯住宅には完全分離型で上下階で住み分けたり、
玄関ホールのみ共有するタイプもあります。

生活の時間帯が違うためお風呂やリビング、
ダイニングキッチンを世帯で分ける考え方です。

建築規模によって決まりますが、
玄関、バストイレ、キッチンを共有するプランも多く見られます。

エレベーターのある住宅で3階建てプランの二世帯住宅もあり、
快適に親世帯と子供世帯を分離する間取りは
狭い敷地でも施工可能になっています。

完全分離型の二世帯住宅でなくても
40坪と少しの大きさで十分二世帯で住める間取りになります。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。年間1000件の間取り作成を行う。

カテゴリー

間取り集

PVアクセスランキング にほんブログ村