二世帯住宅 間取り 完全共有

敷地の広さ 10M×21M 東道路
建築物の規模 41坪 4LDK 木造二階建て

参考の間取りは玄関と洗面脱衣室、トイレ バス
キッチンを共有している二世帯住宅の間取りです。

1階の寝室8畳はウォークインクロゼット付で
親世帯の寝室として使用します。

南と東窓があり、快適な部屋になっています。

また、東の道路側に一番近い部屋にすることで、
将来の介護を想定して、ワゴン車を乗り入れに対して
窓から車椅子で部屋に入れるよう想定しています。

洗面脱衣室とトイレを近い位置に配置しています。

リビングダイニングキッチンは18畳で対面式キッチン。
ダイニングもリビングも明るい南側に配置されています。

2階の寝室も子供部屋になる洋室も南向きで
広いバルコニーテラスに面して物干しがしやすいです。

玄関にはシューズクローク付キッチンにはパントリー付で
2階にはファミリークロゼットが4.5畳あります。

収納量も豊富にある間取りになっています。

二世帯住宅間取り 完全分離

参考のプランは56坪の完全分離型の二世帯住宅の間取りです。

1階は親世帯の住宅で2階3階が子供世帯の住宅になります。

玄関は親世帯と子供世帯が別になり、
子供世帯への入り口は階段を上って2階になります。

完全に分離しているのでリビングダイニングと洗面トイレバスは
上下の世帯で別々に2箇所あるようになります。

1階はリビングダイニングが11畳と8畳の寝室からなる
1LDKの間取りになっています。

洗面脱衣室は3畳と広く作業しやすい大きさ
雨の日は部屋干しができるように2室暖房乾燥機付で
脱衣室まで暖房と乾燥を行うことができます。

2階には子供世帯のリビングが18畳で対面式キッチン。
キッチンの背面には4畳の広い納戸スペースがあります。

洗面室と脱衣室は別なスペースに分けられているので、
家族で利用するのには便利な間取りになります。

3階には子供世帯の寝室が8畳と
子供部屋が2室クロゼット付で2室あります。

バルコニーテラスは廊下から出入りが可能で、
部屋を通らずに物干しを行うことができます。

完全分離型の二世帯住宅は、同じ家にいながら
程よい距離を保つことのできる間取りになります。

二世帯住宅 間取り図

参考のプランは3階建ての二世帯住宅の間取りです。
1階の玄関を共有して、1階を親世帯、
2階3階を子供世帯に住み分けるプランニングです。

玄関ホールは階段を見せながら広いホールをゆったりと確保
ダイニングキッチンは対面式でバックカウンターと
パントリー収納になる納戸を2畳備えています。

リビングと和室8畳は続き間でゆったりとくつろぐ
プライベートな空間になっています。

洗面と脱衣室は分けられていて洗面はゆったりとした幅です。

2階にも同じ位置にキッチンと洗面バスとトイレがあり
子供世帯専用で使うことができます。
リビングは子供の学習コーナーカウンターと
3畳の小さな畳オコーナーがあります。

子供部屋は3階に6畳の大きさが2室、
寝室は8畳でウォークインクロゼット3畳付きです。
3階にもトイレがあるので便利です。

共用の納戸とサンルームがあり、
サンルームは部屋干しスペースにもなります。
洗面台も配置れているので2階が混雑するときは
3階の洗面を使うこともできます。

親世帯も子供世帯もリビングとダイニングを分けることで
それぞれの居場所をたくさん作って空調的にも仕切ることができます。

音の問題も仕切ることで解消できますから、
人数の多い二世帯住宅でもプライバシーを確保し、
それぞれの生活や趣味に没頭することができます。

48坪上下階で住み分ける二階建ての二世帯住宅の間取り

参考のプランは48坪2階建ての二世帯住宅の間取りです。

1階が親世帯の設定で2階が子供世帯のプランで
1階のリビングが大きくなっているので
こちらがメインのLDKで家族が集まる間取りになります。

玄関とシューズクロークは共有する二世帯住宅の間取りです

洗面脱衣室と浴室、トイレ キッチンはそれぞれの世帯で別にあり、
生活の時間帯が違う世帯のストレスを軽減しています。

1階の親世帯の寝室は和室8畳の広縁付き
縁側で庭を見ながらゆっくりできる理想の間取りです。

洗面室とトイレは寝室のそばに配置しているので
生活のしやすい間取りになります。

二階の子供世帯は寝室が8畳のウォークインクロゼット付き
子供部屋は2部屋あって各個室はLDK経由で行く間取りなので、
家族のコミュニケーションの機会が増えるプランです。

キッチンから脱衣室の洗濯機が近い間取りなので
家事動線もコンパクトになって便利です。

家事動線が気になる場合は間取りに線を書いて
自分が動く動線をチェックして
間取りをシミュレーションするのが良いでしょう。

三階建て7LDKの二世帯住宅間取り

参考のプランは46坪7LDKの二世帯住宅の間取りです。
南道路の想定で南玄関になっていますが東道路や西道路でも使用可能です。

1階は玄関ホール3畳と土間収納、バス、洗面脱衣室トイレの水回り
和室8畳と押入れと洋室6畳クロゼット付きの個室が二室あります。

1階は親世帯、2階と3階箱世帯のイメージでリビングダイニングキッチンと
浴室、洗面脱衣室は共用スペースになります。

二階のリビングダイニングキッチンは対面式で
キッチン脇に4.5畳の家事室があります。

リビングの脇には4.5畳の畳コーナーがあり
ゲストルームやプレイルーム茶の間にりぃ用できます。

三階には個室が室あります。

寝室は南側に配置され物干しテラスに出ることができます。
寝室には3畳の広いウォークインクロゼットがあり、
収納量が豊富になっています。

子供部屋は各部屋5畳づつで、クロゼット付きです。

間取は7LDKになっているので大人数の家族に対応可能です。
各階にはトイレがあり、混雑解消になります。

三階建てなので都市部のコンパクトな敷地に建築可能。

リビングを2階にすることで各部屋への距離を短くして
階段で上り下りしなければならない三階建てのデメリットを軽減しています。

62坪3階建て完全分離型二世帯住宅の間取り

参考のプランは62坪の完全分離型の二世帯住宅の間取りです。

1階が親世帯2階3階が子供世帯の三階建ての間取りで
親世帯は3LDK、子供世帯は4LDKで玄関は別になります。

親世帯は1階に完結して、平屋の状態。
子供世帯は階段で2階の玄関から家に入ります。

親世帯のリビングダイニングキッチンは22畳
対面式で広めになっているので子供世帯と集まっても
余裕のある間取りになります。

和室8畳もリビングダイニングに接しているので
茶の間として広く使うこともできるし
ゲストルームに利用することも可能です。

洋室は6畳が2室で夫婦別の部屋を寝室にすることもできます。

2階のリビングダイニングキッチンは18畳で
キッチンは対面式キッチン、和室6畳がリビングに接して
引き戸が開放して一体化できるようになっています。

寝室は大きめに10畳あり、ウォークインクロゼットが3畳

洗面脱衣と浴室は2階のキッチンと寝室の間に配置されています。

3階の洋室は6畳が2室あり、2階のリビングから
リビング階段で上るまどりになっており、
家族とのコミュニケーション重視のプランになっています。

54坪完全分離の二世帯住宅の間取り

参考のプランは54坪の完全分離型の二世帯住宅の間取りです。

1階が親世帯2階が子供世帯で上下階に分離。
子供世帯の玄関が1階に一部にあります。

完全分離ですので玄関も二箇所で親世帯と子供世帯とを分けます。

親世帯は2LDKの間取り

親世帯の玄関には土間収納もあり、収納量が大
リビングダイニングキッチンは19畳で対面式キッチンです。

ダイニングキッチンの横に家事コーナー
パソコンコーナーカウンターがあります。

寝室と洋室はリビングダイニングから出入りする動線計画
寝室は8畳で2.5畳のウォークインクロゼット付
洋室6畳は1.5畳のウォークインクロゼットつきです。

洗面脱衣室は2畳ユニットバスは1坪タイプ2畳
トイレは1畳で水周りが、まとめられています。

キッチンから洗濯瀬ペースへの動線が近いので
家事動線が短い使いやすい間取りになります。

2階の子供世帯のほうは1階のプランをベースに東に
1部屋6畳の洋室を増やした3LDKの間取りになっています。

南側に東西に長いバルコニーがあり物干しに使用できます。

53坪三階建ての二世帯住宅の間取り

参考のプランは玄関を共有する三階建ての二世帯住宅の間取りです。

東道路の想定で東西に長い敷地です。

1階は親世帯で2階3階が子供の世帯。

キッチン、バスとトイレ、洗面脱衣室は親世帯と子供世帯では
別に分けられています。

基本料金は二世帯共有で生活区間は別なので
生活費を軽減していくメリットはあります。

玄関ホールにはシューズボックスと土間収納
親世帯は21畳の大きなリビングに8畳の和室があります。

収納が少ない場合は土間収納を親世帯用の納戸にします。

リビングの面積の一部を納戸にしてもよいでしょう。

1階と同じ位置に2階もリビングダイニングと水回りを配置。
寝室は8.5畳でウォークインクロゼット付きです。

大きなバルコニーテラスがあるので、テーブルを外に出して
少しだけ外でくつろぐテーブルセットを置くこともできます。

3階は子供部屋の想定の個室が2部屋
物干しテラスになるルーフテラスがあります。

ダイニングの上部は屋根なりに天井を高くして
東に高窓を取ることも可能です。

二世帯住宅で親世帯に部屋数が足りない場合は
和室を洋室にして2室に分けるのも良いでしょう。

完全分離で暮らす二世帯住宅の間取り

参考の間取りは完全分離の二世帯住宅で
三階建ての間取りになります。

1階は親世帯で2階と3階が子供世帯で
玄関、洗面、バストイレ、リビング個室が別々になります。

玄関は1階と2階にあり2階玄関へは外階段を上がります。

今回の敷地の場合は道路が北西の想定で
周りは住宅に囲まれているため
土地の南の一角を庭にしてあける間取りにしています。

L字型の三階建ての間取りにすることで
南から和室やリビング、各個室へと光を入れるようにしています。

高齢者はどうしても家にいることが多いため
庭を見ながら暮らすと言うことができることと
1階に住んでも雷雨という想定をしています。

全体の大きさも47坪とあまり大きくなりすぎず
コスト負担が2件分まで行かない広さに抑えました。

完全分離の二世帯住宅の間取りでなければ
内部階段にして、洋室、洗面脱衣室を共有することで
コストをさらに抑えた間取りにすることが可能になります。

同じ敷地にいながら完全に別の世帯として暮らすために
玄関も別の入り口にしてわずらわしさを排除しています。

何かあったときの不安を取り除いたり
近くにいて目が届く関係にあるというだけでも安心感はあるでしょう。

二世帯住宅間取り60坪完全分離型

今回の間取りは完全分離型三階建て二世帯住宅です。

大きさは60坪、1階が親世帯の想定です。
2階と3階が親世帯の設定で玄関は別々です。

ホームエレベーターで上下階がつながるので
完全分離の二世帯住宅の間取りで
なおかつ各世帯をつなげています。

完全分離の二世帯住宅なので、キッチン、洗面
バスルームからトイレ寝室まで
各世帯で別々にもつことになります。

リビングダイニングキッチンも別々になるので
居間も別にして気兼ねなく暮らすことができます。

子供が1階に行きたくなったらエレベーターで行けますので
距離感を保ったまま疎遠にならない身近な存在

家族のつながりはもっていける間取りなのです。

1階にもっと部屋が欲しい場合は
ビルトインガレージのスぺースを部屋にすることができます。

屋上に大きなルーフテラスがあるので
共用の物干しスペースとしても利用できます。

完全分離型二世帯住宅の間取り

二世帯住宅間取り集

 

二世帯住宅には完全分離型で上下階で住み分けたり、
玄関ホールのみ共有するタイプもあります。

生活の時間帯が違うためお風呂やリビング、
ダイニングキッチンを世帯で分ける考え方です。

建築規模によって決まりますが、
玄関、バストイレ、キッチンを共有するプランも多く見られます。



エレベーターのある住宅で3階建てプランの二世帯住宅もあり、
快適に親世帯と子供世帯を分離する間取りは
狭い敷地でも施工可能になっています。

完全分離型の二世帯住宅でなくても
40坪と少しの大きさで十分二世帯で住める間取りになります。

完全分離の二世帯住宅の間取り

最近の投稿

カテゴリー

タグ

二世帯住宅 二世帯住宅 間取り 二世帯住宅の間取り プラン 二世帯住宅の間取り 家族 二世帯住宅 価格 二世帯住宅 完全分離型 二世帯住宅 相場 二世帯住宅 補助金 二世帯住宅 間取り 二世帯住宅間取り 二世帯住宅 間取り 3階建て 二世帯住宅 間取り 40坪 二世帯住宅間取り 40坪 二世帯住宅 間取り 50坪 二世帯住宅間取り 50坪 二世帯住宅間取り 60坪 二世帯住宅 間取り プラン 二世帯住宅 間取り プラン 3階建て 二世帯住宅 間取り プラン 40坪 二世帯住宅 間取り プラン 45坪 二世帯住宅 間取り プラン 50坪 二世帯住宅 間取り プラン 60坪 二世帯住宅 間取り プラン 70坪 二世帯住宅 間取り プラン 完全分離 二世帯住宅 間取り プラン 狭小 二世帯住宅 間取り 同居 二世帯住宅間取り図 二世帯住宅 間取り図 二世帯住宅間取り 完全分離 二世帯住宅 間取り 完全分離 二世帯住宅 間取り 完全分離 50坪 二世帯住宅 間取り 完全分離 価格 二世帯住宅間取り完全分離型 二世帯住宅 間取り 実例 二世帯住宅 間取り 家族 二世帯住宅 間取り 注文住宅 二世帯住宅間取り 注文住宅 二世帯住宅 間取り 玄関共有 二世帯住宅間取り集 完全二世帯住宅の間取り 完全分離型二世帯住宅間取り 完全分離型 二世帯住宅 間取り 間取り 間取り 3階建て 間取り シュミレーション

間取り集

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ