将来親と同居する二世帯住宅間取り例

敷地の大きさ: 11M×25M 東道路
建物の規模:45坪 木造二階建て

必要な部屋

1階

リビングダイニングキッチン 20畳 
玄関ホール 4畳 シューズクローク 3畳
パントリー収納 
洗面室 脱衣室 バスルーム トイレ
洋室 8畳 ウォークインクロゼット 4畳

2階

寝室 8畳 ウォークインクロゼット 4畳
洋室 6畳 2室 クロゼット付
納戸 3畳 洗面室 トイレ
物干し室 4.5畳 吹き抜け

間取りの要望

将来親が同居できるような部屋を1階に1室の
二世帯住宅間取り

将来親世帯の部屋に大きめの収納。

対面式キッチンでダイニングとリビングが見える。

リビング階段で2階へ上がる。
2階に部屋干し専用の物干し室。

リビング階段はキッチンに近く部屋干し室に行きやすい。

リビング上部に吹き抜けが欲しい。

1階と2階両方に洗面台が欲しい。

子供部屋になる部屋は将来しきれるようにして
当初は一部屋に大きくする。

シューズクロークは土間と廊下の2箇所から出入り。

2日井伊に大きめの納戸で収納量確保。

家族構成

夫婦 子供 2人 (将来同居の親)



二世帯住宅のブログが集結

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

二世帯住宅ランキング

カテゴリー: 二世帯住宅 間取り プラン 45坪,二世帯住宅 間取り,間取り 45坪 | Tags: , ,

完全分離型二世帯住宅の間取り

二世帯住宅間取り集

 

二世帯住宅には完全分離型で上下階で住み分けたり、
玄関ホールのみ共有するタイプもあります。

生活の時間帯が違うためお風呂やリビング、
ダイニングキッチンを世帯で分ける考え方です。

建築規模によって決まりますが、
玄関、バストイレ、キッチンを共有するプランも多く見られます。

エレベーターのある住宅で3階建てプランの二世帯住宅もあり、
快適に親世帯と子供世帯を分離する間取りは
狭い敷地でも施工可能になっています。

完全分離型の二世帯住宅でなくても
40坪と少しの大きさで十分二世帯で住める間取りになります。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。年間1000件の間取り作成を行う。

カテゴリー

間取り集

PVアクセスランキング にほんブログ村