45坪7LDKローコストでつくる二世帯住宅の間取り

二世帯住宅間取り 45坪

参考の間取りは、45坪の二世帯住宅のプランです。
西道路の想定ですが南道路でも北道路でも使用が可能です。

玄関、リビングダイニング水周りは共有で
1階の洋室が親世帯の部屋、2階が子供世帯の部屋の想定です。

2階にセカンドリビングがあるので
1階でテレビを見ているときは、
2階で別のテレビを見たり、勉強したり
遊ぶスペースにも使えるスペースのある間取りです。

1階のリビングに接して和室の4.5畳があり、
これが茶の間になったりゲストルームになったりします。

親世帯の部屋は掃き出し窓をつけて駐車場に近くすることで、
車からすぐ部屋に入れる間取りにすることも可能です。

親世帯の部屋からはお風呂や洗面も近くしています。

子供世帯の寝室はウォークインクロゼットも広くなっています。
子供部屋は6畳2室クロゼット付き
書斎は子供部屋として使用しても良いでしょう。

水周りを2階にも欲しい場合は部屋数を減らして
1階と同じ位置に洗面バスを作る案もありです。

ほぼ総2階で7LDK、ローコストで建築が可能な
二世帯住宅の間取りになります。



二世帯住宅のブログが集結

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

カテゴリー: 二世帯住宅 間取り プラン 45坪,間取り 45坪 | Tags: , ,

完全分離型二世帯住宅の間取り

二世帯住宅間取り集

 

二世帯住宅には完全分離型で上下階で住み分けたり、
玄関ホールのみ共有するタイプもあります。

生活の時間帯が違うためお風呂やリビング、
ダイニングキッチンを世帯で分ける考え方です。

建築規模によって決まりますが、
玄関、バストイレ、キッチンを共有するプランも多く見られます。

エレベーターのある住宅で3階建てプランの二世帯住宅もあり、
快適に親世帯と子供世帯を分離する間取りは
狭い敷地でも施工可能になっています。

完全分離型の二世帯住宅でなくても
40坪と少しの大きさで十分二世帯で住める間取りになります。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、一級建築士事務所を主催。年間1000件の間取り作成を行う。

カテゴリー

間取り集

PVアクセスランキング にほんブログ村